映画 クロサギ

山Pはかなり前から好きだったりします。
熱狂的なファンとかそういう部類ではないけど、
息子の幼稚園時代はあたしが山P風にカットしてたという程度。
でもね、ドラマの『クロサギ』に出てた時の山Pはめちゃステキだった
泣くシーンは特にたまらないのです。
劇場版はどうしようかなと思ってたんだけど
初の主演映画でもあるので観に行くことにしました♪

以下ネタバレあり




あたしの隣りには小学5~6年生の男の子が座っていて
お母さんになにやら言い含められていると思ったら
そのお母さんは出て行ってしまったのです。
別のスクリーンに行っちゃったのかな?
ちょっと違和感のある光景でした。



さて感想の方はですね
納得がいかなくて撮り直ししたという雨のシーンもよかったし
なぜかジャックスパローになってる山Pもいたり
スクリーンにあんなに大きな山Pがいたらファンにはたまりません。
あたしは家のテレビサイズでも十分だけどw

でも、ストーリーが…
詐欺の手口がドラマの時よりも見せ場が少なかった。
シェイクスピアをモチーフにしているんだけど、イマイチ馴染めない。
山崎努さんの演技は相変わらずすごかったんだけどね。
特にジュリアス・シーザーはかなり前面に出てたけど
あたしには、んーな感じ。

そしてロミオとジュリエット
クロサギの山Pと検事を目指す堀北真希ちゃんの関係のことらしいけど
あれだけ山Pと一緒にPRしていたにもかかわらず
堀北真希ちゃんの出番がほんのちょっと。
しかもストーリーに関係ないし
多分ふたりの動向が気になって観に行った人もたくさんいると思うのよね。
これは残念。

マクベスからは「人は動き回る影にすぎぬ」という言葉のみ?

オセローからゲームの「オセロ」w
オセロは白と黒だからクロサギにはぴったりのゲームではあるけどね。
鶴瓶さんが出てきたのはなんか怪しいと思ってたけど
経過もなにもなく逮捕されてて、???な感じだったなぁ。
別のエピソードとしてとっておくのかしら?


まぁ、シェークスピアはよくわかんなかったけど
あたしは山Pのセリフで

逃げたっていいんじゃないですか
逃げたければ全力で逃げればいい


みたいなセリフが印象に残りました。
そういうときって、逃げてるだけだ!とか否定的に言われがちだから
目から鱗みたいで新鮮な感じがした。

山Pめあてで行くなら十分楽しめるけど
クロサギが好きとか堀北真希ちゃんが好きだからって人はびみょーかも。
なんかだらだら日記になっちゃったなぁ。



だってストーリーがイマイチだったんだもん!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する