平和祈念公園

最後に『平和祈念公園』へ
沖縄県平和祈念資料館
息子が沖縄に行きたいというきっかけになったのが沖縄戦だから
時間はあまりなかったけど寄りました。



沖縄県平和祈念資料館
沖縄県平和祈念資料館
「第二次世界大戦で貴い命を失ったすべての人々に哀悼の意を表すとともに、悲惨な戦争の教訓を後世に伝え、世界の恒久平和の実現に寄与するため」に平和祈念公園内に設置された資料館





平和の広場内に建てられた『平和の礎(へいわのいしじ)』
平和の礎
国籍や軍人・民間人の区別なく、
沖縄戦などで亡くなった全ての人々の氏名を刻んだ祈念碑
祈念碑
6月23日は「慰霊の日」とされていて、沖縄県内では公休日であり
ここでは沖縄全戦没者慰霊祭が行なわれている





凹んでいる部分は戦争の攻撃によって削られたもの
戦争の爪あと
この場所が激戦地区だったのです



集団自決の現場となった岸壁
悲しみの岸壁



歴史は苦手で詳しいことは知らないけれど
資料館の資料を見なくても、切なくなるところです。
戦争は地球にも人の体や心にも深い傷あとを残しているのです。


現在のテロとの戦いってどうなんだろう。



だって切なくなったんだもん!
Theme: 沖縄旅行 | Genre: 旅行

コメント

テロとの戦い…

はっきり言って、「テロとの戦い」ってのはアメリカが半永久的に戦争するためのプロパガンダなので、暗い気持ちになってしまいますね。
例えば、イラクとの戦争ならばイラクが降伏したら終わるんですよ。
第二次大戦がそうだったように。
でも、実態のわからないテロ組織が相手ならば、今度はイランがかくまってる、とか言うてイランに戦争吹っかけることができるわけです。

アメリカという国はつくづく「敵」がいないとダメなんですね。
それか、よっぽど手ひどく負けないとダメなのかも。

2007/09/18 (Tue) 02:49 | 遊楽庵 #J8TxtOA. | URL | 編集
~れす~

*** 遊楽庵さん ***
戦争がなくなる日はこないんだろうな。
地球が滅亡するその日まで。
悲しいけどそれが現実なんですよね。

2007/09/18 (Tue) 14:27 | にや♪ #MgIxvhDQ | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する