脳はバカ、腸はかしこい

昨夜はぼちゃまの受験のことが気になっていたのか、
全然眠れなかったから、今夜はバタンキューかなと思っていたのに、
明日の面接が残っているからなのか眠くなりません。。。
試験云々ではなく、朝寝過ごしたらどうしよという心配なんだけどね

で、先週図書館で借りて読んだこの本のことでも書いてみようかと

脳はバカ、腸はかしこい脳はバカ、腸はかしこい
(2012/10/20)
藤田 紘一郎

商品詳細を見る

全然意識してなかったんだけど、製菓の専門学校の講義の中で、
寄生虫に名前をつけて、自分の体内で飼っている先生がいる
という話が出てきたんだけど、正にその先生の本だったw

少子高齢化の話から始まって、セックスレスのこと
アレルギーやアトピー、うつや自殺増加などの問題も、
腸内細菌を増やすことによって解決できるんだそうだ

脳では悪くなった食べ物を判断することができないけど、
腸は悪いものであれば一刻も早く体の外に出そうと下痢を起こす
これはなるほどと思った

更に子育てに触れた部分では、
自分のことを言われてるみたいで複雑だった
ぼちゃまは典型的な『さとり世代』
全然欲がないからなのか、怒った所を見たことがない
これが逆に怖いんだけどね…
高校生になったらくるのかしら、あのこの反抗期
とりあえずヨーグルトにはちみつかけて食べさせておこうかな


でもね、なによりミミズの話が印象に残りすぎて
まだ頭の中をミミズがうじゃうじゃしているあたしです
多分小学生の頃に学校で腐葉土を作っていて、
そこで大量のミミズ見た経験があるせいなのかも

前半はかなりミミズなので、ミミズ苦手な方には勧めない
マジで!

ミミズの粉末なら飲んでみても…やだな



だってまだうじゃうじゃしてるんだもん!
Theme: 読書メモ | Genre: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する