桂飴本家 養老亭

始まりは昨年12月29日にリツイートした
retweet1229
357年続いた老舗のお店が閉店するという
更に詳しく (元のツイートあり


閉店日は2013年12月31日
たまたまおせちの講習会で京都にいたあたし
この日はお昼までで終わり
このお店の営業時間は13時〜とあったのでちょうどいい
桂は学校からの乗り換え駅だったりする
駅に着いて、「本日は営業していますか?」と電話を入れてみた
すると…


「おかげさまで全部売り切れました」



ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



「でも1月にね、ご予約頂いたお客様だけ特別に販売させて頂くんです」



そんなこと言うからつい「お願いします」って言っちゃった





そんな訳で4コ予約して、1日だけ開店する本当の最後の日に
桂まで飴を買いに行ってきましたぁ


見逃してしまうほどこじんまりした店構え
残念ながら閉店
3人も入れば窮屈になりそうです
そしてとても懐かしい感じ

追加はよろしいですか?
なんて聞かれたら、せっかく遠くまでわざわざきたから
2コ追加しちゃいましたw

帰り際に「お口に放り込んでってくださいね」と
タッパーに入ったあめを1つ頂きました

懐かしい〜
子供の頃大好きだった水飴とおんなじ味
水飴も売っている時に知ってたらなぁって思った







こちらが『かつらあめ』
かつらあめ
素朴で麦芽糖のやさしい味がします

もう二度と食べることのできない飴だと思うからなのか
余計においしく感じるかも

仲良しさんやお世話になっている方の元へも届けたいな




かつらあめについては
こちらのサイトが詳しく解説していますのでご参考に



だってもう食べられないんだもん!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する