メアリー&マックス

今日観てきた映画は『メアリー&マックス』 (注:音出ます

メルボルンに住む8歳の少女メアリー
両親には愛情を注がれず、学校では額のアザのせいでいじめにあい
友達もいない孤独な女の子が思いつきで手紙を出した
その手紙を受け取ったのがニューヨークに住む、人付き合いが苦手で
リアル友達がいない孤独な44歳の男性マックスでした
いきなりオーストラリアから届いた手紙に困惑しながらも意を決し
返事を書いたマックス

お話はこんな始まりのクレイアニメです
が、全然かわいくないですw
子供が観て楽しめるようなお話でもないです
でもぬくもりはある
色の少ない中でのぽんぽんの赤がすごく引き立っていて印象的

そしてお話は色々なことが起こりつつも淡々と進んでいくのです
8歳だった少女は大学生にまで成長してゆきます
そしてお互い唯一の友人だったふたりの関係に大きな亀裂が!!

あらすじまとめるの下手なのでこのくらいにしとこ

あたしは泣けなかった
号泣したとか帰りの電車でも思い出して泣いてしまったとかそういう
レビューが多かったので泣いちゃうかなって思ってたんだけどな
育った環境や現在の境遇によって重ねる部分って違うものね
あたしは自分のトラウマ的なところに重なってしまったから
ひとりで別のところに飛んでしまったのだな、そうマックスのように


God gave us relatives. Thank God we can choose our friends.

この映画のテーマなのかもしれないけど、たぶんこの言葉が特に…

そして映像観ながら...
文字で読みたかったなって思ったのでした



だってまるで自分がマックスのようになったんだもん!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する